• トップページへ
  • ムービ-ラインナップ
  • お客様の声
  • 制作者の声
  • よくあるお問い合わせ
  • 購入の流れ
  • ショップ情報
  • お問い合わせ
会員登録のススメ
余興制作.com
movie studio

結婚披露宴の準備を通して分かること

夫婦|山形エンドロール・結婚式ムービーのことなら 時代が進むにつれて、結婚に対する考え方も大きな変化が出てきました。
昔は、結婚披露宴を挙げたくても金銭的な問題で挙げることができないということがありましたが、最近では「あえて」披露宴を挙げず、入籍だけで済ませることも多くなっているのです。

結婚式は、思い出を作るための単なるセレモニーではなく、もっと大きな意味を実感するための大切なものなのです。
結婚式までの準備を通して、今まで知らなかった一面を見ることができたり、新しい発見があったりするかもしれません。
結婚披露宴を催すこと、それを写真やムービーなどの何らかのカタチで残すことは、これから人生をともに歩んでいくふたりにとって大切なことになるかもしれません。


価値観が分かる

結婚式を挙げるためには、二人で決めていかなくてはいけないことがたくさんあります。
華やかで楽しい結婚式を挙げるまでの準備は、お互いの価値観を確認し受け入れていく大切な工程でもあるのです。

招待するゲストの範囲や人数、式場や場所、用意するもの、必要なもの、調べなければいけないことなどを、限られた時間内に決定し確認していきます。

また、制約のある中で、お互いが結婚式までの一日一日をどのように過ごすかで、人生という大きなものに対して、どのような考えやスタンスを持っているのかが分かります。
価値観の違いさえも楽しいと思えることは、これから共に人生を歩んでいく二人にとって、良い影響となることでしょう。


金銭感覚が分かる

これから人生を共にしていくパートナーとの金銭感覚は、非常に大切ポイントとなります。
お付き合いをしている段階では、本当の意味でお金に対する考え方や意識を知ることはできません。

結婚式の準備の段階で、どこにどのくらいのお金をかけるのか、予算内に収めるためにどのような工夫などをしていくかなど、金銭的な話をする機会がとても増えるのです。
生い立ちの違う二人が、これからの人生で、切っても切り離せない金銭感覚の足並みを揃えるための予行演習と捉えて、理解しあうことが大切です。


人との距離感が分かる

招待するゲストの数や範囲で、どのような人間関係を築いてきたのかが分かります。
余興をお願いしたり、結婚式ムービーへの出演や披露宴当日のムービー撮影をお願いしてみたり、友人に対して連絡を取ることも増えてきます。

また、親族に対しても受付の担当や余興をお願いしたりすることもあります。
疎遠だった友人や親戚とも、これを機に関係が深まっていくこともあるかもしれません。
親戚や友人と、濃厚に絆を深めているのか、もしくはあっさりとした関係を保っているのか、お互いのことをより深く知る機会になることでしょう。